2015.10.29更新

今日は、てんかんの発症年代についてお話させていただきたいと思います。
てんかんは、小学校就学前に発症するパーセンテージが高いです。
その中でも、3歳までに発症するケースが一番多く、比較的低年齢のうちに、持病が確定する事も多いです。
てんかん患者全体の80パーセントが、高校を卒業する頃までに発病します。

と、このようにお話しますと、「てんかん患者は、幼少期からてんかんの持病を持ち、生活している」すなわち「成人してからは、てんかんを発症しない」と思われがちですが、てんかんが起こる原因を見直してみますと、脳の一部分の神経細胞が、突発的に異常な電気活動を一時的に起こすために起こるわけで、それが起こる要因がさまざまなだけに、必ずしも、成人になるとてんかんにはならないという事ではありません。
例えば、低酸素脳症や髄膜炎などを発症し、脳に何らかの損傷が残ってしまって、これがてんかん発作を引き起こす要因になるケースも珍しい話ではありません。
すなわち、どの年齢においても、てんかんを発症する可能性はあるのです。

また近年、注目されているのは、高齢者の脳血管障害などによる発病からのてんかん発症です。
つまり、高齢化社会において、高齢者てんかんが増えてきているのです。

てんかんかも?という発作があった場合、迅速にせいかクリニックを受診なさってください。
しっかりと問診をさせていただき、必要な検査を行い、適切な治療を進めていきます。

せいかクリニック 内科・神経内科 0742-46-8666
クリニック紹介 初診の方 医院へのアクセス 神経内科専門医による頭痛治療 お一人で悩まずに専門医と一緒に解決していきませんか? 認知症 専門知識を持った医師がサプリメントをご提供 せいかクリニックブログ